異業種交流会@岡山の「人生で大切なこと」のネット講座

MENU

人生で大切なこと

人生で大切なこと

目からウロコの異業種交流会@岡山の「のび」です。

 

人生をよりよく生きるために、成功したいと考えている人は多いと思います。成功と言うと人それぞれ違うと思いますが、やはり巨万の富と名声を得ることが一番に思いつくのではないでしょうか?

 

現代で成功者と呼ばれた人の中に、スティーブ・ジョブズ氏がいます。アップルの創業者で有名なので、知っている人も多いと思います。

 

その、スティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉というのがわたしのFacebookのタイムラインに流れてきました。

 

スティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉に対してコメントをしていましたが、わたしも思うところがあるので、ここでコメントしたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

STEVE JOBS Last Words - 
スティーブジョブス最後の言葉

 

I reached the pinnacle of
success in the business world.
私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。

 

In others’ eyes, my life is an epitome of success.
他の人の目には、私の人生は、
成功の典型的な縮図に見えるだろう。

 

However, aside from work, I have little joy.
In the end, wealth is only a fact of life that
I am accustomed to.

 

しかし、仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。
人生の終わりには、富など、私が積み上げてきた
人生の単なる事実でしかない。

 

At this moment, lying on the sick bed and
recalling my whole life,
I realize that all the recognition and wealth that
I took so much pride in, have paled and become
meaningless in the face of impending death.

 

病気でベッドに寝ていると、
人生が走馬灯のように思い出される。

 

私がずっとプライドを持っていたこと、
認証(認められること)や富は、
迫る死を目の前にして
色あせていき、何も意味をなさなくなっている。

 

> In the darkness, I look at the green lights from
the life supporting machines and hear the
humming mechanical sounds,

 

この暗闇の中で、生命維持装置の
グリーンのライトが点滅するのを見つめ、
機械的な音が耳に聞こえてくる。

 

I can feel the breath of God and of death drawing closer…

 

神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。

 

Now I know, when we have accumulated
sufficient wealth to last our lifetime, we should pursue
other matters that are unrelated to wealth…

 

今やっと理解したことがある。

 

人生において十分にやっていけるだけの
富を積み上げた後は、富とは関係のない
他のことを追い求めた方が良い。

 

Should be something that is more important:
もっと大切な何か他のこと。

 

Perhaps relationships, perhaps art,
perhaps a dream from younger days ...   

 

それは、人間関係や、芸術や、
または若い頃からの夢かもしれない。

 

Non-stop pursuing of wealth will only turn
a person into a twisted being, just like me.

 

終わりを知らない富の追求は、
人を歪ませてしまう。私のようにね。

 

God gave us the senses to let us feel
the love in everyone’s heart, not the illusions
brought about by wealth.

 

神は、誰もの心の中に、
富みによってもたらされた幻想ではなく、

 

愛を感じさせるための「感覚」
というものを与えてくださった。

 

The wealth I have won in my life I cannot bring with me.

 

私が勝ち得た富は、(私が死ぬ時に)
一緒に持っていけるものではない。

 

What I can bring is only the
memories precipitated by love.

 

私が持っていける物は、愛情にあふれた思い出だけだ。

 

That’s the true riches which will follow you,
accompany you, giving you strength and light to go on.

 

これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと
一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるもの
あなたの道を照らしてくれるものだ。

 

Love can travel a thousand miles.
Life has no limit. Go where you want to go.

 

Reach the height you want to reach.
It is all in your heart and in your hands.

 

愛とは、何千マイルも超えて旅をする。
人生には限界はない。

 

行きたいところに行きなさい。

 

望むところまで高峰を登りなさい。

 

全てはあなたの心の中にある、

 

全てはあなたの手の中にあるのだから

 

What is the most expensive bed in the world? -
"Sick bed" …

 

世の中で、一番犠牲を払うことになる
「ベッド」は、何か知っているかい? 
シックベッド(病床)だよ。

 

You can employ someone to drive the car for you,
make money for you but you cannot have someone
to bear the sickness for you.

 

あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。
お金を作ってもらうことも出来る。
だけれど、あなたの代わりに病気になってくれる人は
見つけることは出来ない。

 

Material things lost can be found.
But there is one thing that can never be
found when it is lost – "Life".

 

物質的な物はなくなっても、また見つけられる。

 

しかし、一つだけ、なくなってしまっては、
再度見つけられない物がある。

 

人生だよ。命だよ。

 

When a person goes into the operating room,
he will realize that there is one book that he has
yet to finish reading – "Book of Healthy Life".

 

手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない
本が1冊あったことに気付くんだ。

 

「健康な生活を送る本」

 

Whichever stage in life we are at right now,
with time, we will face the day when the
curtain comes down.

 

あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、
誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。

 

Treasure Love for your family,
love for your spouse, love for your friends...

 

あなたの家族のために愛情を大切にしてください。
あなたのパートーナーのために、
あなたの友人のために。

 

Treat yourself well. Cherish others.

 

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。
他の人を大切にしてください。

 

追伸
そしてティムクックに、送った言葉が、

 

「スティーブならどうするだろ?」
と、考えるな!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

このことから考えられることは、人生の目標を富や名声を得ることだとしても、死んでいくときには何一つ持っていくことはできないということです。

 

自分の命はすごく大切ですが、その命を何のために使えば後悔のない人生を送ることができるのか?

 

この命題を深く考えさせられます。

 

そして、もしも何のための人生かという問いに答えがないのだとすれば、人生というのは生きて最後は死ぬだけのむなしいものでしかなくなってしまいます。

 

でも、私はそのようには思えないのです。

 

だからこそ、このことを考えていく必要があります。

 

成功者の本の中には、どうしようもないことを考えても時間も無駄だし、ネガティブな考えに陥ってしまうので良くないということが書かれています。

 

自分にできることを一生懸命没頭すれば、おのずと道は開けるのだと。

 

おそらく、スティーブ・ジョブズ氏も同じように行動してきたはずです。

 

しかし、最後は自分の人生を振り返って命の重さを痛感させられています。

 

このように先人たちの見識をすでに知ることができるのですから、同じような後悔を残さないようにどのように人生を送ればいいのかという命題に関して、きちんと考えていかなければいけないと思います。


豊臣秀吉もジョブズ氏と同様の発言があります

スティーブ・ジョブズ

成功者として名高い人の中に、豊臣秀吉も入ると思います。

 

戦国時代に農民として生を受けた秀吉ですが、足軽兵から侍大将、そして一国一城の主となり、ついには日本全国を統一して大阪城を建立しました。

 

日本の中にはここまで出世・成功した人は秀吉を除いていないのではないかと思います。

 

そんな秀吉の辞世の句は、先ほどのスティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉を彷彿させるんですね。

 

どんな言葉かというと、

 

おごらざる者も また久しからず

 

露と落ち 露と消えにし わが身かな

 

難波(なにわ)のことも 夢のまた夢

 

と歌っています。

 

この言葉の意味を少し考えてみますと、「おごらざる者も また久しからず」というのは、昔、平家が栄えていた時に、権力を手に入れておごってしまったがために滅んでしまった。

 

だから、秀吉は同じ失敗はしないようにと、おごらないように努めたんですが、それでも栄耀栄華は長くは続かなかった、ということです。

 

「露と落ち 露と消えにし わが身かな」というのは、朝露が太陽の光によって消えてなくなっていくように、人生というのは「あっ」という間のはかないものであった、ということでしょう。

 

「難波(なにわ)のことも 夢のまた夢」ですが、難波(なにわ)というのは大阪城のことです。

 

秀吉は関白になったときに大阪の石山本願寺跡に大阪城を建立しました。

 

そして、聚楽第や金の茶室などを作って権力をほしいままに使っていました。

 

しかし、死の淵に立ってみると、大阪城を建てたことは夢の中で夢をみているようなものだった、というのです。

 

このように、歴史をみてみても、ただ単に成功を求めるだけでは人生の最後に後悔を残してしまうことになりかねません。

 

そのため、後悔しないためにはどのように人生を送っていけばいいのかということはすごく大切な問題でしょう。

 

一人で考えても答えが見つからずにネガティブになってしまいかねない問題ですので、異業種交流会と言う形で真剣に話し合える仲間を作って考えていきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

よりよく生きるとは
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第一弾です。今回は「よりよく生きるとは」という題名で話をしていきたいと思います。この社会人サークルの目的であるよりよく生きるための仲間作りの基本になるので、ぜひとも読んでいただきたいと思います。
信じるということ
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第2回です。「信じると言うこと」という題名をつけましたが、人間が生きると言うことは信じることと同じことなのです。どういうことなのかということを話していきたいと思います。
充実した毎日の罠
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第4回です。「充実した毎日の罠」という題名をつけました。充実した人生を送っていて、毎日に満足していますが、そんな中にふとポッカリした心がありませんか?そのことを見つめていきましょう。
目標が大切
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第5回です。「目標が大切」という題名をつけました。人生をよりよく生きるためには、目標をもって、そこに一生懸命前進することが大切です。
現在と未来はどちらが大事か
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第8回です。「現在と未来はどちらが大事か」という題名をつけました。今さえ楽しければいいという現在が大切か、未来の幸せのために生きるのが大切か考えてみましょう。
人生のマインドセット
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第9回です。「人生のマインドセット」という題名をつけました。ビジネスではマインドセットが大切だと言われますが、人生をよりよく生きるためにも大切なものです。
素敵な人間の定義
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第10回です。「素敵な人間の定義」という題名をつけました。人間の質が高い人は素敵な人ですが、一体どのような被とか考えたことはありますか?この機会に考えてみましょう。
真に勇気のある人とは
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第11回です。「真に勇気のある人とは」という題名をつけました。勇気のある人と言うのはみんなから尊敬されますが、実際はどんな人のことを勇気のある人と言うのか考えてみましょう。
人間の愛の限界
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第12回です。「人間の愛の限界」という題名をつけました。人間には愛があるという言われていますが、愛には限界があるように感じます。
人生は決断が大事
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第13回です。「人生は決断が大事」という題名をつけました。人生は長いようで短いものです。その一生を有意義に生きるためには自分に必要なものを選ぶ決断力が大切です。
未来のために行動が大事
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第14回です。「未来を変えるために行動が大事」という題名をつけました。人生はいろいろ悩みますが、行動しないと何も始まりませんよ。
お金の使い方
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第15回です。「お金の使い方」という題名をつけました。人生をよりよくするためにはお金は大切ですが、正しく使って幸せに生きましょう。
速読をするための基礎
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第16回です。「速読をするための基礎」という題名をつけました。読書は先人の知恵を手に入れるために不可欠なものです。速読で効率よく知識を深めていきましょう。
人が分かり合えないのはなぜ?
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第17回です。「人が分かり合えないのはなぜ?」という題名をつけました。家族や恋人など近くにいる人でも自分のことを完全に理解するのは難しいです。
未だに癒えない傷
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第18回です。「未だに癒えない傷 」という題名をつけました。東日本大震災から5年ですが、被災者の人の心はまだ癒えていないのが現実のようです。
「なぜ生きる」の勉強会内容の紹介
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』の世話人であるナベちゃんが学んでいる幸せになるための勉強会に参加してきました。「なぜ生きる」という題の勉強会で、内容を要約して紹介します。
何事も準備が大事
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』の世話人の一人である「ナベちゃん」はいつも発表のための準備を入念にしているそうです。だからこそ、毎回の講義が面白いんですね。何事も準備が大切と言うことです。
悲惨な事件から思うこと
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第20回です。相模原の障害者施設殺傷事件から考えさせられることを共有したいと思います。
自分の命を大切に
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第21回です。自殺を考える人が4人に1人と言われています。しかし、人間に生まれてきたのはありがたいこと!自分の命を大切にしていきましょう。
恋愛は何のため?
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第22回です。近年、晩婚化や未婚化が進んでいることから、恋愛について考えてみました。
愛とお金の関係
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第23回です。恋愛にはお金は関係ない、と思う人もありますが、そうとは言い切れません。愛とお金について考えましょう。
人生を変える環境の大切さ
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第24回です。人生を変えるには自分の環境を変えていくことが大切です。このことをザルを水に浸ける例えを紹介します。
考え方は環境で変わる
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第25回です。幸せな人生を生きるために自分の考え方を変えていくためには環境を変えていくことが大切です。
付き合う人を変えてみよう
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第26回です。自分の人生を変える一つの方法に「付き合う人を変える」ということがあります。それはなぜなのか・・・