異業種交流会@岡山「有無同然」のネット講座

MENU

有無同然って言葉を知っていますか?

目からウロコの異業種交流会@岡山の「のび」です。

 

今回も2017年3月26日(日)にナベちゃんがオススメしている勉強会に招待されたので、参加してみました。

 

ナベちゃんがオススメしている勉強会の内容は、毎回興味深い内容ですので、目からウロコの異業種交流会@岡山でも情報発信として活用し、皆さんにシェアをしていきたいと思います。

 

興味がありましたら最後まで読んでいただけると嬉しく思います。

 

では、どんな内容だったのかというと、お経の中に出てくる。「有無同然」という言葉でした。

 

お経と言うのは、お釈迦さんの説法の内容を書き留めたもので、その中に「大無量寿経」というものがあり、そのワンフレーズについての話でした。

 

漢字ばかりのお経ですし、普段は興味も持たないので知ろうともしませんが、とても分かりやすく教えてもらえたので良かったです。

 

それでは内容についてナベちゃんが詳しく記事にして送ってくれたので、ここで取り上げたいと思います。

 

有無同然ってどんな意味?

「有無同然」というお経の言葉について

 

田や家が無くて思い悩む人。
田や家が有って憂う人。

 

「有る」と「無い」では大違い、と思うことでしょう。
しかし、どちらも「苦しむ」という点では同じこと。

 

例えば…

 

壁一重 
 子有って泣き 
   無くて泣き
 ―長屋の隣同士を詠んだ川柳―

 

「結婚したまえ
  君は後悔するだろう。
 結婚しないでいたまえ
  君は後悔するだろう。」
 ―キルケゴール(デンマークの哲学者)―

 

「有名になれば自分の思い通りに活動できるだろうと思っていた。
気づいたら、自由は完全に奪われてしまっていた」

 

 (『ヘルプ!』という曲について) 
 「当時の自分の心の内をありのままにさらけ出した曲」
 ―ジョン・レノン―

 

「自分は一皿のスパゲティであり、自分の上に何百、何千の手が伸びてきて、自分の一部を奪い取ろうとする」
 ―マイケル・ジャクソン―

 

「作家にとっては名誉などというものは、かえって重荷になり、邪魔にさえなって萎縮してしまう」

 

「栄誉や地位は障害である。…今後が思いやられる」
 ―川端康成、ノーベル賞受賞後の言葉―

 

「銀をたくさん持っている者は幸せだろう。
麦をたくさん持っている者は嬉しいだろう。
だが、何も持っていない者は眠れるだろう」
 ―メソポタミアに伝わる諺―

 

『この世界の片隅に』
昨年、映画専門雑誌「キネマ旬報」が選ぶ日本映画作品賞を獲得。アニメ作品での受賞は『となりのトトロ』以来の快挙でした。
野草を摘んで食材の不足を補ったりしていた当時の慎ましやかな生活をリアルに描き、大きな感動を呼びました。

 

今日の暮らしは、当時と比べると大変便利で豊かになりましたが、“幸福感”ではどうでしょうか?

 

「有」は金の鎖、「無」は鉄の鎖。
材質は違えど鎖に繋がれ、苦しんでいるのは一緒です。
人類の努力=「無→有」
と言えますが、「有無同然」であることは国や時代を超えて変わらない真実でありましょう。

 

『escape from freedom 』 (自由からの逃走) 
 ドイツの エーリヒ・フロムの書いた本の名前。

 

ナチス・ドイツのヒトラーのような世紀の大悪人を、なぜドイツ国民が総統に選んだのかを分析した内容の本です。
ドイツ国民が『自由から逃走』という尾崎豊の歌に出てきそうな行動を取ったのはどうしてか?

 

それは、自由には責任がついてきて、案外大変なものだからです。
他人が決めたことをやる分には、責任も無くて気持ち的には楽です。

 

もし、完全な自由を与えられたなら、私たちはきっと困ってしまうことでしょう。
「何でも好きなことをしていい」と言われたら、「いつ/何を/どうするか」など、全部自分で考え、決めねばなりません。

 

自由という重荷を、ヒトラーに丸投げして逃走したと、ナチス・ドイツに傾倒した心理を説明しています。

 

以上のような様々な事例を通して、「有無同然」について教えて頂きました。

 

そして、お釈迦様は
“心の病”が原因で
“有無同然”は、その症状に当たると言われました。

 

ということで、後半は「心の病」=「無明業障の恐ろしき病」について、詳しく教えて頂きました。

 

ナベちゃんの勉強会もなかなか面白いかも

ナベちゃんのまとめは、どうでしたでしょうか?

 

たぶん、記事だけ読んでも分かりにくいのではないでしょうか?

 

でも、実際に勉強会に足を運んだら分かりやすく解説してくれます。

 

面白いと思うのは、個人的な感想なので、人によってとらえ方は違うのでしょうが、これからもナベちゃんが勉強会に参加して学んだことを伝えてくれますので、目からウロコの異業種交流会@岡山のネット講座でも情報をシェアしていきますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

よりよく生きるとは
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第一弾です。今回は「よりよく生きるとは」という題名で話をしていきたいと思います。この社会人サークルの目的であるよりよく生きるための仲間作りの基本になるので、ぜひとも読んでいただきたいと思います。
信じるということ
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第2回です。「信じると言うこと」という題名をつけましたが、人間が生きると言うことは信じることと同じことなのです。どういうことなのかということを話していきたいと思います。
人生で大切なこと
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第3回です。「人生で大切ンなこと」という題名をつけました。人間が生きていく中で、何が大切なのか分からないと思います。正解はないかもしれませんが、スティーブ・ジョブズ氏や豊臣秀吉の言葉から考えていきたいと思います。
充実した毎日の罠
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第4回です。「充実した毎日の罠」という題名をつけました。充実した人生を送っていて、毎日に満足していますが、そんな中にふとポッカリした心がありませんか?そのことを見つめていきましょう。
目標が大切
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第5回です。「目標が大切」という題名をつけました。人生をよりよく生きるためには、目標をもって、そこに一生懸命前進することが大切です。
現在と未来はどちらが大事か
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第8回です。「現在と未来はどちらが大事か」という題名をつけました。今さえ楽しければいいという現在が大切か、未来の幸せのために生きるのが大切か考えてみましょう。
人生のマインドセット
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第9回です。「人生のマインドセット」という題名をつけました。ビジネスではマインドセットが大切だと言われますが、人生をよりよく生きるためにも大切なものです。
素敵な人間の定義
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第10回です。「素敵な人間の定義」という題名をつけました。人間の質が高い人は素敵な人ですが、一体どのような被とか考えたことはありますか?この機会に考えてみましょう。
真に勇気のある人とは
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第11回です。「真に勇気のある人とは」という題名をつけました。勇気のある人と言うのはみんなから尊敬されますが、実際はどんな人のことを勇気のある人と言うのか考えてみましょう。
人間の愛の限界
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第12回です。「人間の愛の限界」という題名をつけました。人間には愛があるという言われていますが、愛には限界があるように感じます。
人生は決断が大事
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第13回です。「人生は決断が大事」という題名をつけました。人生は長いようで短いものです。その一生を有意義に生きるためには自分に必要なものを選ぶ決断力が大切です。
未来のために行動が大事
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第14回です。「未来を変えるために行動が大事」という題名をつけました。人生はいろいろ悩みますが、行動しないと何も始まりませんよ。
お金の使い方
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第15回です。「お金の使い方」という題名をつけました。人生をよりよくするためにはお金は大切ですが、正しく使って幸せに生きましょう。
速読をするための基礎
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第16回です。「速読をするための基礎」という題名をつけました。読書は先人の知恵を手に入れるために不可欠なものです。速読で効率よく知識を深めていきましょう。
人が分かり合えないのはなぜ?
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第17回です。「人が分かり合えないのはなぜ?」という題名をつけました。家族や恋人など近くにいる人でも自分のことを完全に理解するのは難しいです。
未だに癒えない傷
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第18回です。「未だに癒えない傷 」という題名をつけました。東日本大震災から5年ですが、被災者の人の心はまだ癒えていないのが現実のようです。
「なぜ生きる」の勉強会内容の紹介
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』の世話人であるナベちゃんが学んでいる幸せになるための勉強会に参加してきました。「なぜ生きる」という題の勉強会で、内容を要約して紹介します。
何事も準備が大事
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』の世話人の一人である「ナベちゃん」はいつも発表のための準備を入念にしているそうです。だからこそ、毎回の講義が面白いんですね。何事も準備が大切と言うことです。
悲惨な事件から思うこと
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第20回です。相模原の障害者施設殺傷事件から考えさせられることを共有したいと思います。
自分の命を大切に
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第21回です。自殺を考える人が4人に1人と言われています。しかし、人間に生まれてきたのはありがたいこと!自分の命を大切にしていきましょう。
恋愛は何のため?
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第22回です。近年、晩婚化や未婚化が進んでいることから、恋愛について考えてみました。
愛とお金の関係
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第23回です。恋愛にはお金は関係ない、と思う人もありますが、そうとは言い切れません。愛とお金について考えましょう。
人生を変える環境の大切さ
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第24回です。人生を変えるには自分の環境を変えていくことが大切です。このことをザルを水に浸ける例えを紹介します。
考え方は環境で変わる
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第25回です。幸せな人生を生きるために自分の考え方を変えていくためには環境を変えていくことが大切です。
付き合う人を変えてみよう
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第26回です。自分の人生を変える一つの方法に「付き合う人を変える」ということがあります。それはなぜなのか・・・
いろは歌から学ぶ
社会人サークル『目からウロコの異業種交流会@岡山』のネット講座第27回です。日本人なら知っている「いろは歌」を通して、人生について学びました。根底に仏教思想があり、幸せを考えるきっかけになりました。